行政書士登録者の開業者のほとんどが個人開業です。

はじめは一人ですべての業務を行っていかなくてはいけません。

時間との戦いです。

営業も、実務も、実務のための勉強もすべて一人で行っていきます。

時間との闘いです。

大事な時間は利益に直結することに使いたいものです。

そんななか結構時間がとられてしまうのが電話応対。電話がかかるたびに手を止めて応対してるとかなりの時間の損失。かかってきたのが大事なお客様だったらいいけど、営業だったりするとイラっと来ちゃいます。

今では、電話の応対を外注できるサービスなどがありますけど、開業時はなるべくお金はかけたくない。

と、いうことで私は、こうゆうのを使っていました。

固定電話も携帯に転送設定しておいて

すべてこれで受ける

これで両手が空きますので作業の手を止める必要がありません。

さらに、わからないことを調べながら電話応対も楽々。

個人事業主は、工夫して時間を作ってなんぼです。