事務所の名称には「行政書士」の文言を入れなければいけません。入れる場所には決まりはないです。一般的に「行政書士〇〇事務所」か「〇〇行政書士事務所」のどちらかが多いです。

オーソドックスな付け方としては、自分の名前を入れた事務所名で「行政書士(氏名)事務所」か「(氏名)行政書士事務所」などです。

氏名の他に地名を入れた事務所名、理念を入れた事務所名、好きな言葉を入れた事務所名などがあります。事務所に名称は行政書士として初めて自己責任を追う決定事項でもありますので、慎重に決定してください。

同一名称の使用禁止に注意

単位会の区域内ですでに行政書士名簿に登録されている事務所名は使用できません。ただ、事務所名に自分の氏名を使用する場合は、同じ事務所名であっても登録可能です。

事務所名の検索は、行政書士会の名簿でご確認ください。

https://www.gyosei.or.jp/members-search/

その他の注意事項

他の法律で制限されている名称は使用できません。例えば事務所名に「法律」と入れるなどです。「法律事務所」という名称は弁護士しか使用できません。「法務」という名称は使用できますので「行政書士〇〇法務事務所」とつけている事務所さんも多くあります。

他の資格と誤認するような名称は付けれません。例えば「司法書士」や「社労士」と入れるなどです。

他にも国や地方公共団体と誤認するような名称や、行政書士の品位を害するような名称はつけれませんのでご注意ください。