初めての受注はむずかしいです。業務を行う前から誰しもがわかっていることだと思います。

コネなしで開業した場合一昔前なら、看板を掲げて地道に営業周りや各種「集まり」に出席して認知度を上げていくしかなかったかもしれません。

現在ではホームページやSNSなどを活用すればコネなしすたーとでも初受注それほど難しいことではありません。ただ、時間がかかります。現在ではホームページ作成しても検索率がすぐに上がるわけではないので更新をしつつ気長に待つ必要があります。

そんな場合は既存のプラットホームを利用して稼ぐ方法があります。

準備されたプラットホームを使え!

特技を販売できるアプリをご存知でしょうか?

「スキルのフリマ」というキャッチフレーズのココナラというアプリです。

スキル・知識・知恵を自由に売り買いできるスキルのフリーマーケットサービスになっています。 自分の得意分野でお金を稼ぐことがきるので、まさに行政書士にとってはもってこいのプラットホームです。

利用おすすめポイント

行政書士業務(サービス)の販売のしやすさ

アプリ自体すでに70万人が登録している大きなプラットホームで、すでに多くの士業が利用していますのでそれを参考にしながらサービスを出品できるので利用しやすいです。

狭い地域だけじゃなく全国勝負!

リアル営業の場合は、自分が行動できる範囲が営業できる限界ですがココナラの場合は全国でいきなりサービス販売できるメリットがあります。日本全国対応で幅広く稼げます。

業務の練習に

登録は無料ですので、手軽に始められます。また応対方法も、チャットや電話など自分で選択できるので不安も少ないかと思います。

わからないことがあれば、調べることができますので業務スタートにはもってこいです。ココナラ登録は下記から!

アイデア次第でこんなサービス販売が

ココナラでの販売はアイデア次第で色々可能です。

すでにココナラで行政書士が多く販売されているサービスに内容証明郵便作成があります。全国向けにできる点で相性がいいですので参考にしながら自分もサービス出品するのも手です。

ほかにも、許認可業務自体をサービスとして販売もできますし、許認可業務に関する相談に答えるサービスを販売することも可能です。※「古物商許可申請の仕方教えます」など

ブルー・オーシャンを狙って稼げ!

販売方法を工夫すれば既存の出品されている行政書士に負けないくらい稼げる可能性があるプラットホームです。

たとえば、「遺言書作成を販売するサービス」は行政書士の主要業務なので出品は多くなると思いますが、作成された遺言書をチェックをするサービスを「遺言書の赤ペン先生」とキャッチーなフレーズでうまくサービスを出品されている先生もおられます。 この販売方法ですと差別化できお客様からわかりやすくても利用しやすいです。

販売は、アイデア次第です。

身近な相談に乗れるのが行政書士の最大のメリット

行政書士は「街の法律家」を名乗っています。お困りごとの解決の入り口としてかなり貢献できるアプリだと思います。

営業方法も業務もとにかく行動してみることがとても大事です。合う合わないもあるのでまずは試しに利用してみるのもいいのではないでしょうか?