試験には合格したものの、行政書士の業務はどこで習得すればいいの?とお悩みではありませんか。行政書士試験は実務とあまり関係ない内容が出題されます。なのでホントの勉強は試験に合格してからといってもいいです。

コネなし、経験無し、からスタート

コネも、実務経験もなかったので、私も開業前は、大分悩んでいました。実務資料を購入したことも何度もあります。

しかし実際に開業すると、「実務に関しての不安」は大した問題ではないことに気付かされます。もちろん実務的な知識や経験は大事です。大事ですが、事務所を運営していく上で実務より、「営業」 いかにお客様を獲得するのかのほうが遥かに重要だと思います。 いくら良いサービスを提供できてもお客がいなければ意味がないからです。

まずは、開業を!

業務を完璧にしてからスタートをと思うのではなく、大まかに把握したら、業務を行いながら実務を習得していく、というスタンスで大丈夫だと思います。実務の経験不足は、やる気次第でなんとかなるものです。 とはいえ、実務の学び方は情報として知っておいたほうがよいので下記を参考にしてください。

行政書士実務の学び方

行政書士事務所で学ぶ

行政書士の実務を学ぶなら、行政書士事務所で働きながら学ぶのが理想かもしれません。

書類の管理方法から電話の受け答えの基本的なことを肌で感じながら学ぶ事ができます。

ただし、行政書士事務所の求人自体が少ないですし、士業は基本的に個人で事務所を行いますので、求人を募集しているところの募集する人材は、行政書士業務というより経理等の事務的な仕事だったりします。

ですので、独立を目指す場合、仕事をしながら足りない部分を自分で学習しなければいけませんのでかなり大変です。

もちろん求人を出されている事務所によって違いますので、よく確認が必要です。

行政書士会の研修会で学ぶ

開業登録すると、行政書士会が主催する各種研修会が無料で受けることができます。新人向けの業務研修会から、法改正に伴う業務研修会等学ぶことができ、実際に業務を行っている行政書士が講師として行うので、実務に即した形で学べます。

支部によって違いはありますが、意外と研修会の数も多く、実務で使える書式等をもらえたりしますので役に立ちます。

ただ、研修の内容は一般的で

中央研修会の動画で学ぶ(日本行政書士会連合会運営)

開業登録すると、日本行政書士会連合会が運営する中央研修会の研修サイト(動画)を見ることができできます。

オンライン(PC)で好きな時間に学べるのが特徴でかなり幅広く学ぶことができます。

実際の実務学習というよりは、行政書士の業務に必要な知識の学習といった内容がほとんどです。

有料の実務講座で学ぶ

有料の実務講座を受講することで学べます。LE C、伊藤塾などが有名で資格取得講座を受けた流れで実務講座を受講する方もいます。他にもネットで実務講座が売られていますので購入して学ぶことができます。

利点としては開業登録してなくても、購入し学ぶことができますので、合格した段階で、学ぶことが可能です。

ただし、高額な講座や教材が多く、「ひよこ食い」に合わないように注意が必要です。

書籍で学ぶ

一番手軽に学ぶことができる方法が書籍です。

実務書は一般の書籍と違って、少し値段が高いのが、難点ですが、行政書士にとって書籍から知識を得ることは必須と言っていいので、惜しまずに購入して学習すべきだと思います。

先輩の行政書士より学ぶ

業務受任時に分からない部分がある場合、快く教えてくださる先生もいらっしゃいますので、支部会など積極的に参加して日頃から繋がりを作っておくと良いと思います。

また、繋がりはなくとも、共同受任して教えて頂く方法や、先輩の先生に仕事を振る代わりに業務を見せていただく方法もあります。仕事を依頼(ふる)ことになるので、嫌な顔される先生は少ないと思います。

その道に精通した先生に教えてもらうのも良いですが、それ以前に許認可の場合は、役所に問い合わせたら親切に教えてもらえますので、たいていの場合、わからない部分を役所に質問する方法で業務をこなせます。