パワハラってそもそもどんな事を言うの?

パワハラ 行為 分類 例

現在、簡単にパワハラという言葉が使われています。

「ガミガミ叱られたけど、これってパワハラ?」 「嫌な仕事押し付けられたけど、パワハラなのかしら?」 などなど

パワハラといわれるのが怖くて指導できないとか、権利ばかり主張する部下が増えて困るという意見もよく聞かれます。何がパワハラなのか正しく知ることで、解決できる問題もありますので、まずはパワハラとはどういったものか見てみましょう。

パワハラ(パワーハラスメント)の定義

厚生労働省はパワハラとは、「同じ職場で働く者に対して、職務上の地位や人間関係などの職場内の優位性を背景に、業務の適正な範囲を超えて、精神的・身体的苦痛を与える又は職場環境を悪化させる行為」と定義しています。

ざっくりいうと優位な立場を利用し嫌がらせや環境を悪くさせる行為

優位性を背景にとは単に上司部下の関係だけでなく、自分より長い経験がある立場の人なども入ります。

大事なのが「業務の適正な範囲」という言葉です。

業務上必要な指示や注意・指導ならパワハラとはいえず、逆にそれは業務野適正な範囲を超えてるよねって場合はパワハラにあたります。

パワハラ6つの種類。

パワハラには6つの種類

あり があります。

①身体的攻撃

パワハラ 身体的攻撃

叩く、殴る蹴るなどの身体に危害を加えるパワハラ行為です。

ペンや灰皿等を投げつける行為も「身体的侵害」型のパワハラに該当します。

「身体的攻撃」としてパワハラと判断される例

殴る

蹴る

物を投げる、唾を吐く

他にも、頭をバリカンで刈る。車用ブラシで頭を擦り付けるなどがあります。そもそも、暴行や傷害は犯罪になりますので「業務の適正な範囲」を超えてパワハラです。

②精神的な攻撃

パワハラ行為 種類。山口県

侮辱、暴言など精神的な攻撃を加えるパワハラ行為です。

「ばか」「のろま」などの言葉を毎日のように浴びせる 行為、 「やめてしまえ」 「おまえは小学生並みだな」 などの暴言も 業務を行う上で必要な言葉とは通常考えられません ので、「精神的侵害」型のパワハラに該当する可能性があります。 

「精神的な攻撃」としてパワハラ行為に該当する例

「お前はこんなこともできんのか」など、みんなの前で大声で叱責する行為

必要以上に、長時間にわたって繰り返し執拗に叱られる

机を叩いて威嚇する

他にも、「目標達しなかったらクビな」と脅迫するような行為、みんなの前で無能呼ばわ利する行為が「精神的攻撃」のパワハラ行為に該当します。ただし遅刻などの行動を再三注意しても改善しないので部下に対して強く注意するといった行為はパワハラに当たらないと思われます。

③人間関係からの切り離し

パワハラ、ハラスメント

仲間外れや無視など個人を疎外するパワハラ行為です

。 話しかけても無視される状態が続いている 。 一人だけ別室に席を離される、 仕事を教えない など度が過ぎると 「人間関係からの切り離し」型の パワハラに該当する可能性があります。

「人間関係からの切り離し」としてパワハラ行為として判断される例

挨拶や連絡事項などのため話しかけても無視される

必要な書類がいつも自分だけに配布してもらえない

業務上必要がないのに、一人だけ座席を離される。別室に隔離される

指導をする立場の人が必要なく無視したり仲間から外したりする行為は「人間関係からの切り離し」のパワハラ行為に該当します。

④過大な要求

パワハラ パーわーハラスメント

遂行不可能な業務を押し付けるパワハラ行為です。

見せしめ的・就業規則の書き写しなどを求めたり、能力や経験を超える無理な指示で他の社員よりも著しく多い業務量を課したりすることは、「過大な要求」型 のパワハラ行為に該当する可能性があります。

「過大な要求」としてパワハラと判断される例

普通では到底達成できない量の仕事をやらされる

草むしりなど、業務とは関係な以過酷な環境下の作業を長期にわたりやらされる

就業時間が終わる頃に毎回多くの仕事をやらされる

個人の業務量は、人や部署、業種によって違いますので単に業務量が多いというだけではパワハラに該当するとはいえません。パ「過大な要求」のパワハラ行為は個々の行為が行われた状況や、行為の継続性などを考慮して判断されます。

⑤過小な要求

パワハラ 

本来の仕事を取り上げるパワハラ行為です。

ミスの罰として長い間草むしりをさせるなど、 業務上の合理性がなく、能力や経験とかけ離れた程度の低い仕事を命じることや、仕事を与えないことは「過小な要求」型のパワハラ行為に該当します。

「過小な要求」としてパワハラ行為として判断される例

経理なのに、ミスの罰として一週間庭掃除だけさせられる

ただ個室に隔離されて何もさせてくれない

営業職なのり、外回りをさせてもらえず、成績が目標に達しないと叱責される

一人ひとりの業務量は会社等によっても異なるため、単に仕事量が少ないというだけでは、パワハラに該当するとは言えません。具体的判断については「課題の要求」と同じく、 行為が行われた状況や、行為の継続性などを考慮して判断されます

⑥個の侵害

パワハラ 行為 種類

個人のプライバシーを侵害するパワハラ行為です。

管理職としての優位性を利用して、 プライベートな内容に過剰に踏み入ってくる行為 、私的なことに立ち入る管理などは「個の侵害」型のパワハラに該当する可能性があります。

「個の侵害」のパワハラとして判断される例
 

ロッカー・机・携帯などを覗き見る行為

有給休暇の取得理由を根掘り葉掘り、聞く

業務に関係ない宴会や旅行への参加を教養する

有給休暇の取得に関しては労働基準法上、理由を申し出る必要はないのでパワハラに該当する可能性が高いです。ただし、業務の調整のために休暇の予定を聞いて変更してもラウ場合は「業務の適正な範囲」とされています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です