「ハラスメント」って今どんな種類があるの?

ハラスメント 種類 ハラスメント組織管理

ハラスメントとは相手に対して行われる「嫌がらせ」のことで、最近ではたくさんのハラスメントがいわれていますが、しっかりと定義付けされているものもあれば、曖昧なものもあるので、参考までに参照していただければ幸いです。

目次

ハラスメントの誕生から今まで


「ハラスメント」(harassment)とは嫌がらせを意味する英語です。

「セクシャルハラスメント」が生まれたのが、1970年代のアメリカです。

日本でも1980年代後半くらいから「セクシャルハラスメント」(セクハラ)という言葉がよく聞かれるようになり世間で徐々に問題化されていきました。ちなみに1989年に「セクハラ」が日本流行語大賞の金賞に選ばれています。

1997年の男女雇用機会均等法の改正を経て「セクハラ規定」が設けられ、「セクシャルハラスメント」と言う言葉の定義が確立されました。

「パワーハラスメント」 (パワハラ)は2001年あたりに登場し、今では当たり前のように使われています。

それから、様々な「ハラスメント」が登場します。

2014年「マタニティハラスメント」(マタハラ)が流行語トップ10に選ばれまています。2018年に言われだした「時短ハラスメント」(ジタハラ)「カスタマーハラスメント」(カスハラ)などなど、

現在では30を超えるハラスメントがあるとされています。

ハラスメントの種類は現在30以上!?どこまで増えるの?

ハラスメント 組織管理

現在30以上ものハラスメントの種類があるとされています。以下がハラスメント一覧です。

セクシャルハラスメント(セクハラ)

性的いやがらせのことです。

職場内での労働者の「意に反する性的言動」 が行われ、その対応により被害者に解雇や減給などの不利益が生じたり、職場環境が悪化したりすることを「セクハラ」と定義しています。

パワーハラスメント(パワハラ)

職場上の地位や人間関係などの優位性を背景に、業務の適性を超えて、身体的肉体的苦痛を与えられたり、職場環境を悪化させられる行為。

詳しくはこちら >>「パワハラってそもそもどんな事を言うの?」

時短ハラスメント(ジタハラ)

職場において業務時間の短縮を強要されるハラスメントです

。無理な業務量を「時間内に終わらせろ」、「残業はするな」と強要されたり中間管理まだ仕事が終わっていないのにも拘わらず、上司から具体的な対応策も示されずに「早く帰れ」と言われ、帰宅を強制され自宅等で業務をしなければ行けないケースが「ジタハラ」当たります。

カスタマーハラスメント(カスハラ)

お客である立場を利用した悪質なクレーマーから受ける迷惑行為のことをカスハラといいます。

「土下座しろ」 「賠償しろ」 などお客の立場を利用し 自己中心的で理不尽な要求をしたりします。

モラルハラスメント(モラハラ)

モラルハラスメントとは、モラル (道徳) による精神的な暴力、嫌がらせのことをいいます。

マタニティハラスメント(マタハラ)

働く女性が、妊娠や出産をきっかけに、職場で、精神的・肉体的な嫌がらせを受けたりすること

場合、解雇や雇い止めや自主退職の強要などのひどい事例もあります。

パタニティハラスメント(パタハラ)

子供のために育児休暇や時短勤務を希望する男性社員に対する嫌がらせ行為のことをいいます。上司が社員の希望を妨げる パワハラの一種です

シルバーハラスメント(シルハラ)

「シルバー」とはシルバー世代(60代以上)のことを表します。 主に高齢者に対するいやがらせや介護拒否などをいいます。

ジェンダーハラスメント(ジェンハラ)

男らしく、女らしくなど、 差別的な言動を浴びせたり、相手を非難したりする行為です。

「男のくせに」「女なのくせに」など、性別に関する偏った見方が引き起こすハラスメントです。

アカデミックハラスメント(アカハラ)

大学などで教職員と学生間などにおいて地位や人間関係などの優位性を利用し、相手に対して精神的や肉体的な苦痛を与える行為のこと。

大学等の教育機関内で行われるパワハラ、セクハラなどを「アカハラ」といいます。

テクノロジーハラスメント(テクハラ)

「テクニカル・ハラスメント」とも呼ばれ ます。

パソコン、スマートフォン、タブレット端末等機器の扱いが
不得手な人へのいじめや嫌がらせのことをいいます。

セカンドハラスメント(セカハラ)

セクシャルハラスメントを受けた被害者がその行為を訴えることで、逆に会社側から不当な圧力などの被害を受けることを言います。

パーソナルハラスメント(パーハラ)

個人の容姿や趣味等など、その人のプライベートでパーソナルな面について文句やいじめたりする行為です。

エイジハラスメント(エイハラ)

年齢を差別して行う嫌がらせ行為です。 主に、役職についていない中高年社員や、
若手(女性)社員に対しての、年齢による差別行為を「エイハラ」といいます。

スモークハラスメント(スモハラ)

タバコをすっている人ががタバコをすってない人に行ういやがらせです。
煙草の煙で受動喫煙をさせたり、煙草を吸うことを強要したりすることがスモハラに当たります。

ソーシャルハラスメント(ソーラハ)

アルコールハラスメント(アルハラ)

飲酒に関するいやがらせ行為です。
飲み会でて飲酒を強要したり意図的に酔い潰させるなどの行為がアルハラです。
また、宴会に酒類以外の飲み物を用意しない等の飲めない人への配慮を欠くこともアルハラに当たります。

リストラハラスメント(リスハラ)

リストラの対象者に対するいやがらせ行為のことです。
リストラ対象者に、無茶な仕事を押し付けたり、急な人事移動を命じたりするなどして心理的プレッシャーを与えリストラに追い込むような事を言います。

テクスチュアルハラスメント(テクハラ)

テクスチュアルハラスメントとは文章上の性的いやがらせ行為です。
「女性にこんな文章はかけない」「男のくせに女々しい言葉を使う」など文章について性差別で評価を行ったり、ゴーストライターがいるなど虚偽の事実を吹聴したりする 行為をテクハラといいます。

キャンパスハラスメント(キャンハラ)

大学(キャンパス)で行われるハラスメント行為のことです。
大学キャンパスで行われる「セクシャルハラスメント」「アカデミックハラスメント」「パワーハラスメント」「その他のハラスメント」を総合して「キャンハラ」といっています。

「アカハラ」との違いは、学生同士の関係で起こるハラスメントも含む点です。

スクールセクシャルハラスメント(スクハラ)

学校で教師が児童生徒に対して行う性的いやがらせで行為です。

ドクターハラスメント(ドクハラ)

医者からその立場を利用して患者に対して行われるハラスメントで行為す。

カラオケハラスメント(カラハラ)

職場などの優位的立場を利用して、カラオケで歌いたくない人に無理矢理歌わせるいやがらせ行為です。

ブラッドタイプハラスメント(ブラハラ)

血液型で、その人の人柄や性格を決めつけていじめ等を行う行為です。
血液型占い等による影響があり、科学的根拠がないにも関わらず、血液型の分類による決めつけが偏見やいじめにつながるブラハラが多く見られます。

エレクトロニックハラスメント(エレハラ)

電磁波や電波といったエネルギー媒体によるいやがらせ行為で 意図的に人体に照射したり、人々に痛みや不快感その他の疾患を引き起こしたり、身体に悪影響を与えるとことを言います。

マリッジハラスメント(マリハラ)

「マリッジ」結婚を意味し、未婚者に対して執拗に「結婚しないの?」などと聞いたりするなど結婚に関する圧力をかけたりいやがらせをすることを言います。

ペットハラスメント

ペットの飼い主が公共の場でペットが好きでない人に対して行う嫌がらせ行為です。

スメルハラスメント(スメハラ)

匂いによって他人を不快な気持ちにさせる行為です。
口臭や体臭、強すぎる香水の匂いや柔軟剤の匂いもスメハラを引き起こす要因となる場合があります。

エアーハラスメント(エアハラ)

空調に関するいやがらせ行為です。
会社で暑い日でもエアコンの使用を禁止したり、逆にキンキンに冷やしたりして体調に悪影響を与えるハラスメントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です