家系図作成の仕事について最高裁の出した結論があるよ。

行政書士の資格が無いのに家系図作成の業務を行ったっとして行政書士法違反の罪に問われた事件 で

平成22年12月20日 小法廷判決  結果「無罪となりました。

この最高裁の結論で知りたいところは

・家系図作成は行政書士の独占業務なのか?

・行政書士資格がなくても家系図作成業務ができるのか?

「家系図作成について,行政書士の資格を有しない者が行うと国民生活や親族関係に混乱を生ずる危険があるという判断は大仰にすぎ,これを行政書士職の独占業務であるとすることは相当でないというべきである。」と言っており

どういうことかというと

観賞用の家系図作成業務は行政書士方の定める業務「事実証明に関する業務」ではなく。独占業務ではないと言っています。

よって行政書士でない企業等が家系図作成をおこなっても代用部です。

もちろん行政書士が家系図作成を行っても大丈夫ですが、戸籍などの個人情報を取得するときに職務上の請求ができなくなり、委任状が必要になりました。